FX:冷静さと鋭い判断力を維持しながら取引するためのコツとは?

Binary 88株や投資信託をはじめ色々な種類が存在する“投資”。
そんな中、このところ日本での人気が高まっている投資法の1つに「FX」があります。

FXとは外国為替証拠金取引のこと。 
異なる2通貨の転換を行う投資法であり、変化する為替相場の動きを捉え、利益が出るように2通貨(通貨ペア)の売買取引を行います。

FXには「取引手数料が安い」「為替市場は24時間いつでも開いているため、ライフスタイルに合わせて好きな時間に取組める」など魅力的な特徴が数多くあるのですが、なかでも特筆すべきは「レバレッジ」でしょう。

「レバレッジ」とは、“元手資金を担保にその数倍・数十倍といった金額の運用を可能にする仕組”のこと。この仕組があるおかげで、FXは“少ない資金で始められる投資法”だとしても人気を集めているのです。

さて、いま日本で認められているレバレッジは最大で25倍。
レバレッジ25倍とは、担保である証拠金の25倍の資金運用が可能になるということです。

ドル円取引で1ドル=100円と仮定し、ドルを1万通貨買った場合を例に見てみましょう。
100円×1万通貨ですから、通常ならば100万円が必要になりますよね。ところが、レバレッジを25倍にすれば、用意すべき金額は単純計算でわずか4万円(100÷25)。4万円あれば100万円分の取引ができるのです。

このように、レバレッジを上手く使えば、少ない元手を担保に大きな資金の運用ができるようになるということ! 
運用資金が増えれば、そのぶん大きな利益を手にするチャンスも広がります(なお、現在日本で認められているレバレッジは先述の通り25倍が最大ですが、海外のFX業者のなかには、数百倍といった大きな値を設定できるところも多々存在するため、ハイレバレッジ取引に興味がある方は、海外FX業者の利用を検討してみるのも良いでしょう)。

ただし、レバレッジ取引には大きなリスクが伴うことを忘れてはいけません!

レバレッジを高くすると、大きな利益が狙えるようになる一方で、リスクもまた拡大してしまうのです。

先の「ドル買い取引」を例に見てみましょう。

円安が来ると予想して行う「ドル買い」取引。
ドルの購入後に予想通りの円安がくれば投資成功、利益を手にできます。
1万通貨の取引をすれば、相場が1円円安になるだけで(単純計算で)1万円の利益になるわけです。4万円ではじめた取引で1万円の利益がでるとなれば、結構な利益率ですよね。

ですが、これは予想が当たった場合の話。
予想を外せば発生するのは“損失”です。

円安が来ると信じて1ドル=100円のときにドルを買い、そののち、予想に反して円高になり1ドル=98円になってしまったとします。そうすれば1万×2円で2万円を失うことに。
更に考えてみましょう。もし、海外FXで数百倍というハイレバレッジをかけ数百万という通貨単位で取引をしているときに相場が予想と逆方向に2円動いたら…。考えるだけで恐ろしくなってきますね。

このように、レバレッジを高めて取引総額を増やすことは、(大胆な取引を可能にする反面)予想を外した際に大きな損失を発生させるリスクを孕んでいるのです。

だからこそ、レバレッジの設定は慎重にすべき!

FXは、パソコンやスマホから簡単に取引操作が可能です。
そのため、なかにはゲーム感覚で安易にレバレッジを高く設定してしまう方がいらっしゃいます。ですが、レバレッジを高めれば損失リスクも同時に高まるので要注意。
また、レバレッジを上げてリスクを高めれば、精神的負担が重くなり冷静に取引ができなくなってくるという弊害まであるのです(最悪の場合、そこで大きな損を出してパニックに陥り、パニックの中で取引を繰返しさらに損失を拡大させてしまうという悪循環に陥ることに…)。

FX投資をするうえで「冷静さ」は欠かせません。
冷静さを失えば相場の予想精度・判断力が鈍ることに。そうなれば損失リスクが拡大します。

だからこそ(大きな損失を生まないためにも、冷静さと高い判断力を維持した状態で取引に臨むためにも)、レバレッジは闇雲に高く設定すべきではないのです。

なにもFX自体は怖いものではありません。
ただリスクを十分に理解し、冷静かつ計画的に取組んでいかないと、財布にも精神的にもダメージを被ることになりかねないということは頭に叩き込んでおく必要があるでしょう。

くれぐれもFXを行う際には、レバレッジを闇雲に高くせず、取引通貨単位も適度な量にするなどリスク対策を行うように! そうすれば良好な精神状態で・冷静に落着いて“良い取引”ができるようになるはずです。

これからFXを始めようとお考えの方は、くれぐれもレバレッジには気をつけるようにして下さい。