国内規制と海外FX業者

hk7888FX取引において、国内ではいろいろ規制されるようになってきました。そのため、国内のFX業者で取引をしていた人も、日本の法律に規制されない海外FXの業者に注目するようになってきたのではないかと思います。

しかし、取引を海外FXの業者で始める場合には、「業者が信用できない」「情報が多くない」「英語なので分からない」(まれにハイローオーストラリアのような最初から優良業者といわれているものも出てきてはいます)などというような心配な要素があり、取引をなかなか始めることができない場合が多いそうです。

ここでは、海外FXの業者で口座を実際に開設した体験をベースに、「海外FXの業者でこれから取引を始めてみよう」と思っている方のために参考になる情報についてご紹介しましょう。

海外FXの魅力はレバレッジの倍率の規制がないということです。

国内においては、FX取引の場合のレバレッジの倍率が規制されるようになって、現在では最高25倍にまで低下してきています。

これまで高いレバレッジのFXの取引を行っていた人から見れば、FXの取引を日本のFX業者で行うことの魅力が無くなってしまうというようなことになってしまいました。

さらに、国内のFXを運営している業者にとっても、レバレッジの倍率が高いものから低いものへ規制されるようになることによって、マーケットにおける取引の量が非常に少なくなって、大きなダメージを受けるような国内のFX業者も実際に出てきているそうです。

最悪の場合には、取引の資金を委託していたFX業者が倒産するというような、一般の投資家にとっては非常に心配すべきような状況にもなってきております。

日本の投資家は、このような背景においても、海外FXの業者にどうして口座を開設しないのでしょうか?

というのは、海外FXの業者に対する日本人が抱いている印象が大きなハードルになっているのではないかと思われます。

日本人が抱いている海外FXの取引に対する印象は、日本語での取引は無理ではないか、お金を委託するのが心配である、というような印象を抱いているのではないかと思います。

しかしながら、取引を実際に行ってみると、日本人のスタッフによる日本語でのサポートがある、入金がクレジットカードからできるためストレスを感じることがない、WEBフォームに入力するだけで口座開設が完結する、入出金の手続きがスムーズである、というような海外FXの業者が多くあるということが分かります。

さらに、日本国外に海外FXの業者はあるので、国内で問題になっているレバレッジの規制を適用されるようなことはありません。