国内規制と海外FX業者

hk7888FX取引において、国内ではいろいろ規制されるようになってきました。そのため、国内のFX業者で取引をしていた人も、日本の法律に規制されない海外FXの業者に注目するようになってきたのではないかと思います。

しかし、取引を海外FXの業者で始める場合には、「業者が信用できない」「情報が多くない」「英語なので分からない」(まれにwww.binaryoptionjp.com/binary-options/highlowのような最初から優良業者といわれているものも出てきてはいます)などというような心配な要素があり、取引をなかなか始めることができない場合が多いそうです。

ここでは、海外FXの業者で口座を実際に開設した体験をベースに、「海外FXの業者でこれから取引を始めてみよう」と思っている方のために参考になる情報についてご紹介しましょう。

海外FXの魅力はレバレッジの倍率の規制がないということです。

国内においては、FX取引の場合のレバレッジの倍率が規制されるようになって、現在では最高25倍にまで低下してきています。

これまで高いレバレッジのFXの取引を行っていた人から見れば、FXの取引を日本のFX業者で行うことの魅力が無くなってしまうというようなことになってしまいました。

さらに、国内のFXを運営している業者にとっても、レバレッジの倍率が高いものから低いものへ規制されるようになることによって、マーケットにおける取引の量が非常に少なくなって、大きなダメージを受けるような国内のFX業者も実際に出てきているそうです。

最悪の場合には、取引の資金を委託していたFX業者が倒産するというような、一般の投資家にとっては非常に心配すべきような状況にもなってきております。

日本の投資家は、このような背景においても、海外FXの業者にどうして口座を開設しないのでしょうか?

というのは、海外FXの業者に対する日本人が抱いている印象が大きなハードルになっているのではないかと思われます。

日本人が抱いている海外FXの取引に対する印象は、日本語での取引は無理ではないか、お金を委託するのが心配である、というような印象を抱いているのではないかと思います。

しかしながら、取引を実際に行ってみると、日本人のスタッフによる日本語でのサポートがある、入金がクレジットカードからできるためストレスを感じることがない、WEBフォームに入力するだけで口座開設が完結する、入出金の手続きがスムーズである、というような海外FXの業者が多くあるということが分かります。

さらに、日本国外に海外FXの業者はあるので、国内で問題になっているレバレッジの規制を適用されるようなことはありません。

海外分散投資

銀行にお金を預けていてもお金が増えないどころか、将来のインフレにも耐えられるだけの資産形成ができないのが今の日本の現状です。
確かに銀行にお金を預けていれば雀の涙ほどの金利で利子が受け取れますが、今後物価が上がっていってしまえば、その上昇分に追いついていけるだけの利子にはならないのです。
そこで、自分の現在の資産を最大限に活用して資産を守り、形成していくことが現代には求められています。

資産形成というと株式投資や国債や社債といった債券への投資、不動産やFXなどを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

最近ではネット証券も増えてきたり、アプリが出てきたりと少額からでも投資ができるようになったり、専業主婦でも入れる確定拠出年金ができたりと資産形成に対しての認知度は少しずつ広まってきたように思います。
ですが、あまり知られていないのが海外への投資です。そこで今回は海外に投資することで得られる2つのメリットについてお伝えしたいと思います。

①リスクヘッジができる

まず一つ目がリスクヘッジです。リスクヘッジとは、一つがダメでももう一つが大丈夫、という状態を作っておくことです。具体的には日本の債券や株式にだけ投資をしていると日本の経済状況が悪化したときに損失を被ってしまいますが海外に投資することで損失だけを被ることを回避するのです。投資先はできるだけ分散した方が、片方で失敗しても片方で取り戻すことができる可能性が高まります。これは、投資先の業界などにも言えることです。

例えば原油市場は世界各国で取引されているオイル量に左右されたりするため、日本の石油業界と海外の石油業界に投資していては、石油産業が上手くいかなくなったときにどちらもマイナス影響を受けてしまう可能性があります。そこで、日本で石油業界に投資をしていたとしたら、海外では別の産業、例えば自動車産業などに投資をすることで、石油がうまくいかなくても車の方で挽回する、ということが考えられるのです。
このように、投資先の選択肢を国内に留まらず海外にまで広げることで損失を最小限に抑えることができる可能性が広がります。

②より良いリターンを期待できる

次に海外投資をする方が国内よりもリターンが大きい可能性があるということです。日本は少子高齢化が叫ばれていたり、既に消費水準も高くなってきていたりと新たな産業やビジネスチャンスを生み出すのが難しくなっています。一方、海外に目を向けてみると人口が増え続け、経済も発展途上、これからの伸びしろがある国々が多く存在します。それらの国へ投資をすることで将来の大きな利益を得られる可能性もあるのです。

代表的な例としては、国内型株式の投資信託と海外投資型の投資信託の運用実績の違いです。同じ会社で国内単独と海外株式へも投資している投資信託を扱っている場合、大半が世界株式型の方が運用実績では優良な成績を残しています。

以上2点のメリットを述べてきました。もちろん海外へ投資した際でも成績が残せないこともあります。下がったときの影響も少なくはないですが、そのための分散投資です。一つがダメになっても他でカバーさせつつ高いリターンを狙いに行くという意味で海外分散投資は今後積極的に推し進められて良いのではないでしょうか?